夏みかん

 

「くまから」の庭の奥に

夏みかんの木が一本あります。

 

秋に実がなり、冬から春にかけて収穫します。

 

 

春が旬ですけれど、

どうして「夏」みかんというのでしょう?

 

 

 

 

 

 

木にくっつけておけば夏まで保つから「夏みかん」というそうです。

 

酸味が強いので、野鳥に食べられる事も無いのです。

 

実の黄色が青空に映えて、鎌倉らしい風景の一つです。

 

 

 

穫った分で「夏みかんピール」を作ることにしました。

 

皮を剥くと、フレッシュな良い香りに包まれます!

 

さわやかな風が鼻を通り抜けて癒されます。

 

 

 

 

一晩水に浸けて苦みをとり

次の日、「水を替えて沸騰させる」を三回繰り返し

お砂糖でゆっくり煮詰めます。

 

乾燥させてグラニュー糖をまぶしたら完成!

 

 

 

 

ビターチョコとも相性抜群♪

オランジェットも作ってみました。 

 

この時期ならではの味わいを、お客様と共有できると嬉しさ倍増です。

 

 

季節のお便りでした♪

 

 

 

 

 

Traveller Review Awards 2023