冬から春へ

暦の上では間もなく、冬から春へバトンタッチですね。
ご近所さまから分けて頂いた水仙を、お隣さまより頂いた千両と合わせ生けてみました。
ラッパのようなお花と、赤い実と濃い緑色の葉が、陽気な音楽を奏でてくれているようです。

 


冷え込む朝には、霜柱をガリガリ、ゴリゴリと踏みながら庭仕事。

土を持ち上げながら立つ霜の力強さを、足裏で感じます。

 

 

庭の隅っこで、1,5cm程のミニバラが開き始めていました。

寒い時期のお花は貴重に感じられ、眺め入ってしまいます。

朝露の雫に写る世界も神秘的。


すべてが平安でありますように。

改めまして、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆様のご多幸をお祈りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Traveller Review Awards 2023