2024年

1月

07日

ちいさな命

 

2024年。
皆様が、少しでも多く、心穏やかな時間をお過ごしになれますよう、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

最近は、庭を眺めながらゆったりと過ごす時間を

とてつもなく尊いことに感じます。

 

屋根と壁に守られ、
鳥と風の音に耳を澄ませながら

あたたかいごはんをいただける幸せ。

ありがとうございます。有り難う御座います。


___

 

くまからは、2023年12月31日付で宿泊業をたたみました。
10年6ヶ月間、お客様にくつろいでいただいたソファで過ごす朝が、とても新鮮です。

 

窓外を眺め、木の枝や蓮鉢に鳥が止まったら、
手元のコーヒーの傍に置いている双眼鏡で、鳥を観察します。

 

 

ヒヨドリが、くちばしを器用に使って水を飲みに来ました。

メジロは懸命にサザンカの蜜をついばんでいます。
シジュウカラは、サルスベリとサツキの茂みをお喋りしながら行ったり来たり。

 

双眼鏡を通すと、庭での出来事は、まるで別の星の事のように感じられます。

 

___

 

もうすぐ、こちらで過ごす朝も、新しい持ち主さまにバトンタッチです。

 

人とのご縁、時とのご縁、場所とのご縁、

たくさんのご縁が奇跡の連なりのように織られながら、

人生は進んでいくのですね。

 

 

 

心を寄せてくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

おひとりおひとりに、直接お伝えしたいことがたくさんありますが、もうしばらく見守っていただけましたら幸いです。

 

 

〈 写真 〉双眼鏡の中の世界。蓮鉢にヒヨドリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Traveller Review Awards 2023