2024年

5月

28日

小満芒種/スーマンボースー

二十四節気では、立夏の次に小満(しょうまん)、芒種(ぼうしゅ)と続きますね。

沖縄では、この二つを合わせて、「スーマンボースー」と読みます。「梅雨」を表す方言です。


新暦だと2024年は5月20日が小満、6月5日が芒種です。
宮古島では5月21日に梅雨入り発表があったので、暦通りというわけです。

もともと旧暦を取り入れていた私にとって、宮古島での暮らしは、旧暦をより身近に感じられる機会に恵まれ、日々新鮮ながらも、どこか懐かしいような感覚に陥ることが多く嬉しいことです。

 

暦の使い方や季節の感じ方が、関東で暮らしていた時と変化があり、今はそれを楽しんで吸収しています。


もちろん鎌倉は大好きな町なので、「今頃は夕涼みがてら蛍を楽しめるかな」「紫陽花シーズンだな」などと思いを馳せる日々でもあります。

 

どの土地でも実感するのは、それぞれの風土風習や芸術の中に、その土地土地で生きるヒントが含まれているということです。

移住を決める前から宮古島市立図書館の郷土エリアにはお世話になりました。
中でも、方言についての資料の豊富さには驚きました。
改めて「くまから」が宮古島の方言で「ここから」という意味があることを、幾つもの資料で確認できたときの興奮は忘れ難いです。

( 宮古島市立図書館は、島外からの旅行者でも書籍の貸し出しを受けることが出来る、素晴らしい図書館です。)

 

最近は郷土文学資料を読み、戦後詠まれた俳句や短歌などから、島の景色を感じとることが日課の一つです。

また初めて見る花や草木や生物、風の名前などを調べる時間も大切にしています。

覚えたてのそれらが半世紀前の俳句や短歌の中で詠まれていると、句集や歌集の中の17文字、31文字が突如として色彩豊かに浮かび上がり、目の前に風景が広がるようで、しばしタイムスリップし、作者の辿った時間を追体験するかのような時間が訪れ、その度に、わずかながら心身が宮古島に馴染んでいくような気持ちになります。

5月15日は沖縄本土復帰の日で、今年で52年でした。

暮らす場所が変わると、入ってくる情報も変わります。
昨日(5月27日)は北朝鮮の軍事偵察衛星打ち上げにより、夜中にJアラートが鳴り響きました。
今日(5月28日)は不発弾処理(海中爆破)のお知らせがありました。

平和の大切さを体感します。


土地の歴史を知り、「おじゃまします」の気持ちを忘れずに、「よろしくお願いします」と、常に心で唱えます。

私は、東京、横浜、鎌倉で育ち、台湾生まれの祖母と一緒に暮らしていたのですが、

台湾に近い宮古島に移り住んでいる今、「全て繋がっている」という実感があります。

 

 

先日、お弁当屋さんのおばちゃまが、
「宮古島は気候だけでなく人もあったかいよ。頑張って!」

と素敵な笑顔で声をかけてくださいました。

 

毎日感謝の気持ちでいっぱいです。

当たり前のような、でもそうでない、かけがえのない日々。
ありがとうございます。

 

これから梅雨前線が北上して行きます。

曇り空でも雨の中でも、心は晴れやかに、虹が架かりますように。

宇宙が平和でありますように。

 

 

 

〈写真1〉スーマンボースー(梅雨)の晴れ間、朝のとある漁港

〈写真2〉伊良部島で覚えたウスベニニガナの花と種子

〈写真3〉アダンの実(ヤシガニの好物)

〈写真4〉バタフライピーの花(鮮やかな青色のハーブティーで有名)

 

 

 

 

 

 

 

2024年

4月

22日

空路, ときどき陸路と海路

 

神奈川・鎌倉から沖縄の離島・宮古島への引越し方法について、質問をいただくことが多いので、まとめてみました。

 

 

前提として

私は、暮らしのダウンサイジングを叶えたかったので、持ち物は半分以下にし、大きな家具のほとんどは手放し、引越し業者さんには頼りませんでした。

 

・ゆうパック、ヤマト宅急便、佐川飛脚ラージ便のお世話になりました。 

 

離島への発送は、航空搭載となるため、チェック項目がたくさんあり、窓口ではいつも緊張感が漂いました。

 

・自転車は自分で分解・梱包し、佐川飛脚ラージ便で運んで頂いたのですが、こちらは陸路と海路という長旅だったため、実際に宮古島に届いて、組んで動作確認出来たときには、喜びもひとしおでした。

 

・自家用車は、沖縄車両輸送専門のアイランデクスさんに予約、

東京・有明港に持ち込み、貨物船「にらいかないⅡ」で数日かけて宮古島・平良(ひらら)港まで運んで頂きました。

貨物船に人は同乗できないため、有明港で車を預けた後は電車で一度実家に帰宅。

数日後、羽田空港から宮古島・下地島空港へ飛行機に乗った後は、タクシーで平良港へ。

ようやく車をピックアップする、という流れです。

平良港で自分の車を見つけた時は、感慨深かったです。

 

それから一週間程かけて、宮古島市役所・警察署で住所変更や移転登録・車庫証明書取得などを済ませ、運輸支局で沖縄のナンバープレートを受け取った時に、ようやく宮古島民になった実感が湧きました。 

 

 ・観葉植物のパキラも、送りました。

鎌倉ではまだ気温の低い3月初旬、思い切って強剪定し、丁寧に梱包して ゆうパック窓口へ。

(強剪定とは、枝を短く切りつめたり、多くの枝や芽を切り落とすような剪定で、木の回復力が無いと枯れてしまうため、本来なら暖かい時期に行うべき方法)

 

郵便局の窓口で、梱包状態や肥料の有無などを確認された後、数日かけて無事に届きました。

(肥料は毒物扱いとなり、航空搭載できないので拒否されます)

その頃、宮古島は平均気温20度と暖かく、鎌倉の5月くらいの過ごしやすさでしたが、枝のみのパキラを2週間以上も眺めていると、不安が募ります。

寒い時期の強剪定は、やっぱり良くなかったのかな…と諦めかけた頃。

 

3月下旬。(剪定から17日後)

小さなツノのような新芽を確認!

 

根っこや茎の中では、着実に歩みが進んでいたかと思うと、

やっとこ姿を現した黄緑の新芽が愛おしくて仕方がありませんでした。

それから新芽は次々と吹き、朝に透き通っていた柔らかな葉は、夕方には緑濃くなり、

みるみる葉を広げて存在感を増します。

 

パキラの成長確認をもって引越しプロジェクト完了です。
 

  

ささやかな変化、小さな進捗が大きな喜びとなって心身を巡り、

新しい日々が積もっていきます。 

 

 

時の紡ぎ。

日々の積もり。

 

 

ひとつひとつ、大切に大切に。

 

 

 

 

地球の日、ここで深呼吸できる喜びを
感謝の気持ちで味わいながら、平和を願います。

 

 

 

 

 

 

 

2024年

3月

18日

新しい風

くまから宿泊業をCLOSEしてから、3ヶ月が経ちました。
3月15日には、住み慣れた鎌倉の地を卒業し、新生活がスタートしました。

 

もう、くまからの電話は繋がりませんが、おかげさまで私たちは元気にしております。

 

この数ヶ月の間、ありがたくも「挨拶に行きたい」とのお声を沢山頂戴いたしました。

にもかかわらず、なかなかお応えできずにいました不義理をお許しください。

 

様々な準備と後片付けに夢中で、毎日毎日、精一杯動き続けていたら、いつの間にか引っ越しの日を迎えることになっていました。

 

 

間もなく春分。

宇宙元旦ですね。

 

皆様はどんな春をお過ごしでしょうか?

 

同じ星の、同じ空の下より、

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

そして、地球の平安を願います。

 


またどこかでバッタリとお会いできたら楽しいですね。

これまで、本当に本当にありがとうございました。

 

 

 

 


 

〈 写真 〉宮古島・西平安名崎

 

 

 

 



 

 

2024年

1月

07日

ちいさな命

 

2024年。
皆様が、少しでも多く、心穏やかな時間をお過ごしになれますよう、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

最近は、庭を眺めながらゆったりと過ごす時間を

とてつもなく尊いことに感じます。

 

屋根と壁に守られ、
鳥と風の音に耳を澄ませながら

あたたかいごはんをいただける幸せ。

ありがとうございます。有り難う御座います。


___

 

くまからは、2023年12月31日付で宿泊業をたたみました。
10年6ヶ月間、お客様にくつろいでいただいたソファで過ごす朝が、とても新鮮です。

 

窓外を眺め、木の枝や蓮鉢に鳥が止まったら、
手元のコーヒーの傍に置いている双眼鏡で、鳥を観察します。

 

 

ヒヨドリが、くちばしを器用に使って水を飲みに来ました。

メジロは懸命にサザンカの蜜をついばんでいます。
シジュウカラは、サルスベリとサツキの茂みをお喋りしながら行ったり来たり。

 

双眼鏡を通すと、庭での出来事は、まるで別の星の事のように感じられます。

 

___

 

もうすぐ、こちらで過ごす朝も、新しい持ち主さまにバトンタッチです。

 

人とのご縁、時とのご縁、場所とのご縁、

たくさんのご縁が奇跡の連なりのように織られながら、

人生は進んでいくのですね。

 

 

 

心を寄せてくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

おひとりおひとりに、直接お伝えしたいことがたくさんありますが、もうしばらく見守っていただけましたら幸いです。

 

 

〈 写真 〉双眼鏡の中の世界。蓮鉢にヒヨドリ。